代表ご挨拶

子どもたちが生涯安心できる居場所を作りたい。

もともとは接骨院を経営しており、その時に行っていた訪問マッサージで、小児マヒの患者さんとの出会いがきっかけで、今の事業を立ち上げました。

障がいのあることで、学校と家庭以外の活動に選択肢がないこと、さらには将来、就労し自活していくことが難しい現実を知り、サポートしたいと思ったからです。

現在は、障がいのある子どもたちのための放課後等デイサービス施設と、デイサービスを卒業した子どもたちが働くための就労支援B型施設、さらに18歳以上を対象にした生活介護施設を運営しています。

中心は子どもですが、大人になるまでの長い目で見た生活支援を行っているのが特長です。

学童期を過ぎ、保護者が面倒を見られなくなった時、障がいをもつ子どもたちはどう生きていけばいいのか。

そこで彼らの就労の場や住まいといった、生きていくために必要なことをサポートしていきたいと考え、事業の幅を広げてきました。単なる子どものための療育を行うのではなく、将来を見据えて、生きていく力をつけるための療育はどうあるべきかなど、多くの課題と向き合いながら日々取り組んでいます。

代表取締役 田原正史

トップへ戻る