先輩インタビュー

鷲見 元徳

鷲見 元徳児童指導員

プロフィール

こんにちは!入社1年目の鷲見です。
大学で福祉関係の勉強をしてきて、興味がありひまわりに入社させていただきました。

この仕事のやりがいはズバリ

利用者さんの送迎です。普段軽自動車しか運転しない私が普通車を運転することはとても難易度が高いものでした。その状態で利用者さんの家や学校を覚えるところから始まり、時間指定の利用者さん、学校お迎えのルールなど覚えることは沢山ありました。また、車に乗せる位置も、利用者さん送り順や特性を考えて組まなければならず、細心の注意を払う必要があることです。

これまでで一番、成功を感じた仕事のエピソードは?

調理実習です。男性スタッフということもあり、普段から料理をしない自分が材料購入から行うというのは仕事でなければ絶対に体験しないことでした。スタッフのアドバイスをもとにほぼ未経験のままチャレンジしましたが、初めて作った牛乳寒天は味の調整が難しかったものの美味しいとお代わりしてくれたことは嬉しかったです。

チームメンバーとはどのようなコミュニケーションを図っていますか?

基本は報連相(報告、連絡、相談)です。慣れるのに苦労しました。とにかく情報の共有を意識しています。自分しか知らないということがないように、細かなところまで共有します

お客様とのやり取りのなかで、印象深いエピソードは?

保護者様対応の時に、自施設にはベテランスタッフがいるにもかかわらず、〇〇さんにお願いしたいです。と自分を指名された時です。どれだけベテランでも保護者様には合う合わないがあり、自分にしか出来ない対応というのがあるのだと学びました。

トップへ戻る